マンション経営のあれこれを解説!

マンション経営のポイントは管理と資金繰り

節税としてのマンション経営

節税としてのマンション経営をするということは、非常に賢い選択です。
一方で、マンションを購入するには、かなりの費用がかかるとも言われています。
預金を下して経営するためのマンションを購入する人はかなり珍しく、多くの人がローンを組んでマンションを購入しています。
さらに、ローンを組んだら金利を支払うことにもなりますし、固定資産税も支払う必要があります。
そのほかにも減価償却費も発生することがあります。
一番大変なのは、マンションを購入しても入居者が集まらないということです。
その場合は、入居者から当然家賃を支払っていただけなくなりますので、経営そのものが成り立たなくなってしまいます。
しかし、昨今ではマンション経営者のための金利の低いローンもありますし、ファイナンシャルプランナー等に依頼することにより入居者を増やすためのコンサルティングも行っているので、心配はいらないです。
マンション経営は節税にもなり、私的年金にもなるのです。

マンション経営で節税するには

マンション経営のセールストークのひとつに節税になりますよという話題がでてくることがあります。
なぜ税金のメリットを享受できるかという理由をしっかり考えて経営する決断をしましょう。
なぜなら、マンション経営を検討している人は自営業、フリー、会社員、学生、主婦など様々な立場にいますし、また、マンション自体は安い買い物ではありませんので、節税をするためにはある程度の規模の金額を金融機関から借り入れをすることを前提にしなければならないからです。
お金を借りるということは金利がかかります。
さらに節税につなげるためにはある程度の給与所得があって成り立つものであるので、個人の所得と対象になるマンションの収支のシュミレーションをしないと、必ずしもメリットになるとはいえないケースもあります。
しかしながら、人により収支的に税金を安くできるというケースもありますので、メリットになる人もいます。
一旦始めると長期にわたる経営になりますので、自分の状況を事前シュミレーションしておくことが大切です。

おすすめWEBサイト

Last update:2015/12/17

COPYRIGHT(C) 2015Mansion ManagementALL RIGHT RESERVED