マンション経営のあれこれを解説!

マンション経営のポイントは管理と資金繰り

マンション経営の資金計画について

マンション経営はお金がかかるものです。
綿密な資金計画をシュミレーションしておくことにより想定されるリスクを未然に防ぎ、健全な経営を目指すことができますので、計画はしっかりたてることが大切です。
できれば複数の計画を事前にたてて自分の資金の使い方について一番適切な方法で始めることです。
計画を左右する大きな一因としてはどこまでを現金で、どこまでを借り入れで賄うかのバランスです。
マンション経営は専業者であるかどうか、複数所有しているか、本業の給与所得があるかないかで税金などの計算が変動します。
そのバランスをしっかりと把握して、借り入れを増やしたほうが良いのか、現金の比率を上げたほうが良いのかが異なってきます。
ですので全ての経営者への答は同一ではありませんので、しっかり税理士などの意見を参考にしながら個別に資金計画を進めていく必要があります。
そこをどのように計画するかによって今後の経営の成否に関わってきます。

マンション経営は資金繰りが大事

賃貸マンション経営をする場合に大切なポイントはたくさんありますが、その中でも特に大切のものの一つに資金繰りがあります。
一般的なマンション経営の場合、土地の購入やマンションの建設費は借入金で賄っているケースが多いでしょう。
近年増えている相続税対策としての賃貸マンションの経営では、土地はもともと持っているというケースも多いですが、それでも上物の建設資金は借入金で賄うのが一般的かもしれません。
借入をした場合は、定期的に返済をする必要がでてきます。
この返済資金を確保できなければ、賃貸マンションの経営どころではなく、その物件を差し押さえられてしまうでしょう。
そのため、収入については家賃の回収を確実に行うことと空室を出さないこと、支出については無駄な支出をできるだけカットし金融機関等からの借入金を確実に返済することが重要になります。
その上で、収支が黒字になることを継続していけば、長期的に安定した経営ができるはずです。

おすすめWEBサイト

最終更新日:2018/5/21

COPYRIGHT(C) 2015Mansion ManagementALL RIGHT RESERVED